新宿の店舗事情

高層ビルが立ち並ぶ反面、歓楽街としても有名な新宿。昼のビジネス街も、夜の歓楽街も日本最大と言って過言でないほど栄えているエリアです。

言わずもがな新宿は、ビジネスエリアとして高い人気があります。
新宿という街がどんな街なのか、これから新宿で店舗を構えようと考えている人の為に分かりやすくまとめました。

今回は、新宿の店舗事情について紹介させて頂きます。

新宿とはどんな街?

ギネスに新宿が登録されていることはご存じでしょうか。
新宿は、世界一利用者数の多い駅としてギネスに登録されるほど、1日あたりの新宿駅の利用者数は多く、同じ副都心の渋谷、池袋と大きく差をつけて国内、世界共に1位となっています。

新宿の街は、国内、国外どちらも多くの利用者で昼夜問わず賑わっている街です。
騒がしい観光客や娯楽に興じる人ばかりかというとそうではありません。

新宿のオフィス街は、非常に洗練された雰囲気を持ち、歓楽街とビジネス街ではっきりと一線を画してるのも新宿の特徴です。

新宿の店舗の特徴

新宿に店舗を構えるのに参考になるために、新宿にはどのような特徴やメリットがあるのか紹介していきます。

1.店舗の新旧の差が激しい

新宿は、ターミナル駅で新宿を利用する人も多いので、店舗を構えたいという企業は非常に多いのですが、綺麗な店舗の競争率はとても高く、望んだ綺麗な店舗を得られるというわけではありません。
新宿の店舗は、未だに古い店舗が多く存在しています。

2.店舗の賃料は経済に大きく左右される

賃料が経済に影響を受けるというのは何処のエリアでも起こり得ますが、新宿は特に影響が強いエリアです。
バブル崩壊後や、新型コロナウィルスの蔓延の影響でみるみる空室が出来て、空室を埋めるために賃料の調整が入っています。
経済が安定している時は、需要に応じて賃料も高騰します。

3.企業の入れ替わりが激しい

時代の流れによって新しい企業が増える傍ら、消えていく企業。この入れ替わりが非常に激しいのも新宿の特徴です。
街によってはIT企業の多い街、人材派遣企業が多い街など何かしら特徴が出て来たりするものですが、新宿の街は不安定で長期的に根付く業種というのはなかなか無い状態が続いています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、新宿の店舗事情について紹介させて頂きました。

ビジネスと歓楽街として有名な新宿。街全体から人工的な印象を受けますが、新宿中央公園、新宿御苑など、自然を感じるスポットも多く、環境作りにも力を入れている街です。
店舗の賃貸料などは安定しておらず、経済などの影響を受けやすい為、先を見越すと新型コロナウィルスの影響が強い今がチャンスなのかもしれません。

不景気が解消されたあかつきには世界一の駅利用者というターミナル駅の強味が戻ってきます。
綺麗な店舗の競争率はとても高いので気になる物件が見つかったらなるべく早く内見などの行動を起こすことがおすすめです。

お電話

お電話でのお問い合わせ

受付時間 / 10:00〜18:00
土日・祝定休

メール

メールでのお問い合わせ

pagetop