中野の店舗事情

東京都中野区にある中野。新宿駅までわずか5分ほどで行くことができるため交通の便が非常に良く、駅周辺はあらゆる面で便利であり、観光スポットもあるため観光客で年中賑わっています。
しかし、実のところ駅から少し離れれば落ち着いた住宅街という側面も持っているのです。

そんな中野に店舗を構えるメリットやデメリットなどをまとめてました。
今回は、中野の店舗事情について紹介させて頂きます。

中野とはどんな街?

中野といえば、「中野ブロードウェイ」や「中野サンプラザ」といった観光地がポンと出て来る方は、中野について明るい方でしょう。
中野はサブカルの聖地として有名で、秋葉原のようなサブカル産業が主体のスポットがあり、それが「中野ブロードウェイ」です。

マニアックなアニメや漫画のグッズなどを取り扱うお店が多く立ち並んでおり、購入するために海外から訪れる観光客も大勢いらっしゃいます。
また、「中野サンプラザ」は年間多くの有名なアーティストがLIVEを開催しており、LIVE目当てで訪れた方が開演までの時間を持て余して街を右往左往している姿も中野ではよく見かける景色です。

中野の立地と利便性

中野駅は、JR中央・総武線・東京メトロが通っており、新宿まで5分でアクセスすることが出来るほか、東京駅まで乗り換えなしで行くことが出来ます。
途中、代々木、飯田橋、御茶ノ水、神田などにも止まります。

  • 渋谷駅 約15分 乗換1回
  • 新宿駅 約05分 乗換なし
  • 池袋駅 約15分 乗換1回

新宿、東京まで直ぐに出ることが出来るので、都内のさまざまな方面へアクセスしやすく便利です。

中野で店舗を構える

中野は、駅周辺は「中野サンモール商店街」という全長240メートルに及ぶ商店街があったり、「中野ブロードウェイ」があったりと観光スポットが幾つもあるのですが、駅から少し離れると閑静な住宅街が広がり、何もないという表現が当てはまるようなエリアとなっています。

この特性をしっかりと知っておかなければ中野に出店すると手痛い結果になってしまうかもしれないのでご注意ください。
中野で需要があるのは、観光客ターゲットのお店より、地元住民との相性が良いジャンルのお店が根強い印象を受けます。

毎日観光客は多く訪れるのですが、大枚を落とす客層かというとそうではありません。
やっぱり「中野ブロードウェイ」や「中野サンプラザ」などを訪れる観光客はそちらでお金を使うので、他で派手に散財する様子はありません。

なので基本となるターゲット層は、地元住民に愛されるお店で考えることをお勧めします。
通勤時、帰宅時などであまり高くない値段設定のお店だと地元住民を利用出来て、アイドルタイムには観光客が訪れるといった構図が出来ると思われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、中野の店舗事情について紹介させて頂きました。

中野は、生活するには交通の面も優れていて、飲み屋、カラオケ、ボーリング等様々な遊びもあり、閑静な住宅街で至れり尽くせりのエリアです。
駅周辺にはオフィスビルや大学キャンパスなどもあるのでビジネスマンや学生の需要もあります。

また年中観光客が訪れるエリアなので山手線沿線場以外でチャンスに溢れた数少ない場所と言っても過言では無いでしょう。

ただ、観光客をターゲットにするには、訪れる観光客の層がちょっと特殊なので十分に理解を深めておかないと空振りに終わるかもしれません。
観光スポットが多いエリアですが、駅から離れれば閑静な住宅街なので店舗を構えるなら基本通り地元住民に愛される店舗展開を心がけましょう。

お電話

お電話でのお問い合わせ

受付時間 / 10:00〜18:00
土日・祝定休

メール

メールでのお問い合わせ

pagetop