居抜き店舗で注意する点

理想的な内装の居抜き店舗を契約すると初期投資額が抑えられる他、物件契約から入居、営業開始までの期間が短縮できるというメリットの多い居ぬき物件ですが、無知のまま居ぬき物件を契約すると、後々思わぬトラブルに発展するケースが後を絶ちません。

トラブルを未然に防ぐ為にはどうすればいいのか?
今回は居抜き店舗で注意する点について紹介します。

注意する点

居抜きで引き継いだ設備はちゃんと使えるか

居抜き店舗の場合は、厨房機器やエアコンが今もちゃんと使えるかきちんと確認する必要があります。
前の借主が撤退してから月日が経つと、長期間設備のメンテナンスがされておりず、きちんと作動しない可能性があります。

正常に動作する場合も設備の保証期間がどれくらい残っているか確認できればしましょう。

また、設備されているものがリース契約である場合には、どれがリース契約の設備なのか、リース契約の内容なども絶対に確認されて下さい。

居抜き店舗の種類は選定しよう

居抜き店舗といっても前契約者が行っていた業種は様々です。
居抜きで連想しがちなのが飲食店ですが、ネイルサロンや美容院、マッサージ店や整体、雑貨屋などの物販、塾など、飲食店以外にも居抜き店舗は多数あります。

希望の居抜き店舗が飲食店で、飲食店の居抜き店舗を見つけたとしても引き渡しの際の状態はピンきりです。
内装もそのまま使えて厨房機器やテーブル、椅子、食器など、細かい備品も全て残ってる居抜き店舗もあれば、壁や床、水道や電気、ガスの配管は残っているが、テーブルや椅子、厨房機器が一切ない居抜き店舗もあります。

居抜き店舗なので全てが理想の形になることは難しいですが、気になる居抜き店舗をみつけたら、引き継げる設備がどのような状態か確認しましょう。

配管設備の確認

内装工事の中で、空調、電気、水道、ガスなどの配管設備などが工賃の大半を占めます。
居抜き店舗で気を付ける点として、引き継いだ設備と自身が導入したい設備が噛み合うかなどの確認も必要です。

例えば、導入予定の厨房機器に対し、ガスの容量が足りないと設備工事が必要となり、費用を少しでも安く抑えたくて居抜き店舗にしたのにも関わらず、後になって費用がかさんでしまいます。

ガス以外にも、電気の容量やコンセントの位置、動力として使えるコンセントの有無、他にガス管の位置、水道と排水の位置も引き継いだままで使用が可能かどうかの確認行いましょう。

居抜き店舗で達成したい初期費用の軽減を達成するためにも引き継いだ後も、出来る限り手直し無く使用できるかどうかは重要なチェックポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、居抜き店舗の注意点について紹介しました。

居抜き店舗、最大のメリットは初期投資額が抑えられる点にあります。
ですが、その反面、引き継いだ設備が思ったよりも早く破損したりして出費を被るといったリスクもあることは念頭に入れておきましょう。

オススメは空調設備、トイレ、水回り、飲食店ならダクトや厨房の床などは工賃が特にかかるものなので、これらが備わっていれば初期費用は大幅に削減できることになるで、多くを望まず最低限欲しい設備の中から選定されてみて下さい。

お電話

お電話でのお問い合わせ

受付時間 / 10:00〜18:00
土日・祝定休

メール

メールでのお問い合わせ

pagetop